文章を書くコツはこれで決まり!

その他

文章を書くコツはこれ!

読み手がわかりやすいように

文章を書くコツで一番大切なのは、「読み手がわかりやすいように気を配る事」です。
難しい表現や、難解な漢字を使ったりしてカッコイイ文にしようとする必要はありません。
それは自己満足で傲慢な文章です。文章はプライベートの日記以外、人に読んでもらうために書くわけです。
それを敢えてわかりにくく書くのは矛盾しています。シンプルに言えばいい事でも、わざと回りくどい表現のわかりにくい文章は親切ではないでしょう。
特に難しいことばや表現を使うことで、自分の知識をひけらかすような文は褒められるものではありません。
文を書き終わったら必ず読み返してみて、この文の読み手になってみて、この表現がわかりやすいか検証してみましょう。

わかりやすく説明する

文章の下手な人のパターンとして「言葉が足りない」事もよくあります。
「これだけ伝えれば読み手もわかるだろう」と勝手に思い込んでしまい、読み手の立場を無視して説明不足の文になってしまうようです。
一度読んだだけで、すんなりと頭に入る文章が読者にとって親切な文章なのです。
そこには5W1Hがきちんと入っているか?漢字やことばの使い方は正しいか?
その文章の表現で読者には理解できるか?など、確認してみてください。
口頭で説明するのは簡単ですが、文章は誰がいつ読んでくれるのかわからないものです。
いつ、誰が、どこで読んでもわかるような、わかりやすい文章を心掛けましょう。

本を読む

文章を書くためには、お手本が必要です。習字を習うには、先ずお手本があってそれを見ながら習いますし、ダンスをするにも、先生のお手本を見て練習します。
文章のお手本は書物です。書こうとしている文のジャンルの本を読んで書き方などをマスターするといいでしょう。
つまり、たくさんの本を読む事でたくさんの表現やことばを学ぶことができるのです。
文章を書いているときに、ああこんなことを言いたい・・これはあの本の中にあった、あの表現方法やことばを使おう・・と、
数学の公式や英語の文法を思い出すかのように頭の中に浮かんできます。
そしてそれが自然に自分のことばとして表現できるようになると、スラスラとこ文章が書けるようになります。
まるで、数学の難しい応用問題を解けたかの様に。です。そして、文章を書くことが楽しくなってきます。
文は頭で考えて書くというより、勝手に手が動くようになるのです。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

関連記事

  1. その他

    受験生はインフルエンザに気をつけましょう!

    最近また急な冷え込みがやってきて、体調を崩して大切な授業が出来ない。。…

  2. その他

    勝敗をわけた集中力の差!

    「武蔵! なにゆえ遅れたぞ!」激した小次郎の長刀が空にまったその一…

  3. その他

    落ち込みを経験すればするほど“やる気”が生まれる!

    最近、期末テストが返却され、生徒さんから点数の報告を受けるのが楽しい日…

  4. その他

    かしこい辞書の選び方、使い方を教えます!

    辞書は、国語と英語の学習をするには、欠くことのできないものです。し…

  5. その他

    国語で求められる4つの力

    まず、国語で求められる力は、以下の4つに分かれています。読む力…

  6. その他

    思い出すことで記憶が定着する!

    思い出すという作業は、頭のウェイトトレーニングだと思ってください。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ちゅう太のおすすめ家庭教師

オンライン家庭教師PEACE NET

∟【全国対応】小学生・中学生・高校生対象
 インターネットでのスカイプ授業です。

カレンダー

2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

人気の記事

最近の記事

  1. 文章を書くコツはこれ!
  2. 苦手科目の原因とは
  3. 社会の勉強法まとめ
  4. 思い出すことで記憶が定着する!
  5. 親子の会話が多い家庭ほど子供は伸びる!
PAGE TOP